恐怖妄想の原因、毒妹について書いてみる。

トラウマ・PTSD
スポンサーリンク

こんにちは、白ワインさん。です。

精神障害・発達障害の僕が見ている世界としてお読みください。

書くことで、心を落ち着かせたいと思っています。

わがままに見えるかもしれませんが、よろしくお願いします。

(読まれる方に上手く伝わりますように。)

ほら, 発達障害!! 発達障害!!

あまりにも、「毒妹」の妄想でイライラするので、毒吐きのために「毒妹」の事を書いてみたいと思います。


とある日、白ワインさん。が鍵を探していると。

毒妹毒妹の旦那がタイミング良く家にきた。

鍵を探している白ワインさん。の姿を見て、毒妹がすかさず。

白ワインさん。を指さし、
「ほら、発達障害!!発達障害!!
毒妹が嬉しそうに言う。

毒妹の旦那、ウンウンとうなずきながら、ニヤニヤしている。

 

そんな毒妹夫婦、彼らの子供は発達障害で療育を受けている。

 

毒妹夫婦が僕の行動を見て、あざ笑う行為から、
毒妹夫婦の子供に対して、また僕、白ワインさん。に対しての感情が良くわかる。

そして、毒妹子供が可愛くない発言をするのが何となくわかる。

何時の間にか精神障害、発達障害になった毒妹

とある日の白ワインさん。と毒妹と電話での会話。


白ワインさん。
「精神の問題を抱えながら介護するのが辛い。」と愚痴をこぼす。

毒妹、「私も精神障害者だ!!!!」
「私も子供の飯炊き毎日やっとるわ!!!!」

と電話で怒鳴り散らす。


ん!? あれ?

何時の間にか、毒妹が精神障害者・発達障害者になっている。

何時病院に行ったのだろうか? 
どの様に毒妹は自分の障害を確認したのだろうか?

後日、
白ワインさん。
電話で「私も精神障害、発達障害と言うなら、病院行って検査してもらって、治療するなり、対応してもらえよ」と怒る

毒妹、「私は良いのよ、病院に行かなくても、私は自分の障害が分かっているの。」

「子供(聴覚過敏がある子です。)が聞こえている特殊な音が私にも聞こえているの、だから私も精神障害、発達障害なの!!!」

はぁ?

カウンセラーさんに、このやり取りを白ワインさん。愚痴りながら話す。

カ、「音が聞こえたら、精神障害、発達障害、・・・・それは無いわ・・・・。」

あ~、書いていて面倒くさーい。 (# `)3′)▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ

読んで頂いてありがとうございます。
ここからさらに一段階上がりますよ。
続けましょう。

どんどんレベルアップをする毒妹

白ワインさん。「病院はどうなった!?!?!?!?」と聞く。

毒妹、「あ~あれ?、私、精神障害でも発達障害でもないの、黒〇徹子さんみたいな、あんな感じで障害があってもやっていけるの」と爽やかに言い切る

黒〇徹子さんみたいな、あんな感じ。

あんな感じ、とは、どんな感じ?

はぁ? 白ワインさん。・・・・・・?

(-ω- ?)

理解できない。。。。


大好きなグーグル先生に「黒〇徹子さん、精神障害、発達障害」について聞く。

毒妹として言いたいことは、障害があっても生活ができていると言いたいらしい。
自分自身で「黒〇徹子さんみたいに」とハッキリ言えてしまう毒妹


このやり取りをカウンセラーさんに白ワインさん。が愚痴る。

カウンセラーさん。慰めてくれる。

カ、「毒妹さん、良くその言い訳見つけてきたね。どこで見つけてきたのかな?」

カ、「毒妹さんと話した事無いから、毒妹さんの事は良くわからないけど、都合よく障害者と健常者を使い分けているね。」

黒〇徹子さん、幼少期にすごく素敵なサポートをもらっていたと読んだ。

そして現在までの活動と活躍。


毒妹に素敵なサポーターが居たとは思えない。

こんな彼女は、あなたのそばに居るママ友かも? あ!?

カウンセラーさんの毒妹について解説してくれた話。

カウンセラーさんが教えてくれた事。

カ、「白ワインさん。が毒妹さんを見ていて嫌になるのは、彼女が出産して母親になり、あなた達、兄妹の母親に似てくるから嫌になるのよ」。と教えてくれた。

そうそうフラッシュバックしなくても、母の事を思い出すと、母は何時もキレまくっていた。
何はともあれキレまくっていた。

キレ、キレだった。

毒妹、彼女にとって母親とは。。。

母になる。

キレる事が毒妹にとっての母になるナノカナ?。

カウンセラーさんが続けて教えてくれる。

カ、「あなたは男性で子供を産めないから分からないけれど、毒妹さんは自分が妊娠してどんどん母親になっていく中で、彼女自身の中であなた達、兄妹のお母さんの姿がどんどん大きくなっていくの。


カ、「毒妹さん、彼女の心の中ではあなたが想像できないスゴイ事が起きているの。すごい事がね。

ワイ、この話で妊娠後、毒妹がとても感情的になり荒れる事が増え、帰省するたびに暴れて帰る理由が理解できた

父や白ワインさん。に当たり散らしてスッキリして帰って行っていた。

話は少しそれるがある日の出来事を思い出す。
以前、家に泊まりに来た時。

2歳ぐらいになる甥っ子、朝、おねしょ。
毒妹、「寝る前にトイレに行けって言っただろうが!!!!
キレる毒妹

このやり取りを見てドン引きしている白ワインさん。に、毒妹「手は上げてないのよ」と晴れやかな顔で言い切る。
顎をクイと上げてドヤる。(凄いでしょ私と言わんばかり)。

カウンセラーさんが教えてくれた。
カ、「毒妹さんはあなた達のお母さんがした事を自分の子供にしている。でも、毒妹さんにとって、この行動が正しい母親だと思っているの。」と教えてくれた。

文章に書いてわかる。機能不全家族、白ワインさん。家。
“認知の歪み”で良いのかな?


母がしていた事を子供にしている。

うわ~。 (꒪ཀ꒪)

ここで、白ワインさん。ママは手が出るんだけどね。

今は、幼い子供に怒鳴り散らすのも、手が出るのと変わらないだろうけどね。

毒妹とのやり取りをしていると、精神障害・発達障害が主になってしまっているが、本来、白ワインさん。と毒妹がフォーカスを当てなければいけないのは、機能不全家族、母の虐待についてだと思う。

毒妹との間には、何時の間にか「発達障害!!発達障害!!」の文字しかない。

最後にカウンセラーさんの一言。

毒妹夫婦さんは、白ワインさん。だけでなく他人の行動にも『ほら、発達障害!!発達障害!!』てやっていると思うと・・・・」

おしまい、

 

ここまでお読み頂きありがとうございます。

毒妹のキーワードが検索ワードに上がってくる。

みんな苦しみや悲しみや、怒りがあると思う。

ネガティブな感情から上手く離れられるように応援しています。

気持ちは何時も一緒に居ますよ。

僕の毒吐きにお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しております。
応援していただけると励みになります。

 
 
 
タイトルとURLをコピーしました